さらに強力な業務用の高圧洗浄機の使い方

業務用の高圧洗浄機は、一般家庭で用いられるタイプよりも水流の威力を強力にして、さらに水圧がかかる仕組みになっております。清掃や洗浄などでは汚れを吹き飛ばす水圧が物を言う形になるため、カビ汚れやコケ汚れ、他にも強力な洗浄を行いたいシーンなどで活用されます。
もっとも業務用の場合には、水流を作り出すために200Vの動力電源を用いたり、ガソリンエンジンを燃料として用いたりすることも多いです。一般家庭用の普通タイプであれば100V電源を主体にしますので、それを200Vにすることでさらに倍の水圧を確保することができる点でも優れています。
業務用の高圧洗浄機の使い方は、一般的に家庭用のタイプと同じでノズルがガンタイプになっていることも多く、それを引くことで噴射されます。もっとも業務用の場合は威力が強力なので、人体に向けたりすると人体が吹き飛ばされたり水圧でケガをする恐れもあるので、その取り扱いには注意をする必要があります。
それとあらかじめ使用をしたい水圧の調整を行っておく必要があり、汚れが落ちにくく水圧に耐えられる硬いものであれば、パワーを最大にして使用をすることもできます。使い方はまず水圧を低めから始めることがポイントになり、その時点でどのくらいの洗浄ができるかを試しながら利用してみると良いです。
その後に汚れの落ち具合を見ていき、対象物の状態を確認しながら水圧を強くするか弱いままの状態で利用していくかの判断をしていきます。業務用の高圧洗浄機を用いるシーンでは、洗車・部品の洗浄・壁汚れなどの除去などのシーンで使われることも多いです。
なお一般家庭用との違いに関しては、水圧の威力が違うほかに、稼働できる時間も違ってくるのが大きく違ってきます。稼働時間が長いのが業務用の特徴で、目安としては2~3時間の継続的な使用に対応している場合が多いです。
電源が存在すれば長時間稼働できるタイプもあり、しかもタンクに貯める水量も少なく持ち運びしやすいタイプもあります。