とても便利な高圧洗浄機の使い方

窓ガラスや車、外壁など汚れを落とすためにホースとブラシで両手を使いながら掃除するのは、とても大変です。跳ね返りがひどくて洋服が濡れる恐れがあります。そんな時に使うと便利なのが高圧洗浄機です。一度使ったら手放せなくなります。

基本的な機能は、ホースから供給される水に圧力をかけることで、強く遠くまで届くようにできるものです。本体に付属している高圧ホースを接続して、蛇口と繋ぎます。本体のポンプを動かすために電源ケーブルを差し込みます。ノズルを取り付けるトリガーガンと呼ばれるホースから射出することが可能です。

使い方は簡単で、電源を入れて、蛇口を開いた後に洗いたいところに向けてガンのハンドルを握るだけです。勢いよく飛び出しますので、しっかりと持っていましょう。対象物からはだいたい1m離れたぐらいの場所から放水すれば十分綺麗にすることができます、あまり近いと水圧で壊してしまう恐れがあるので注意が必要です。

使用中はホースに無理に曲がることで負荷がかからないように気をつけましょう。供給が止まってしまうとポンプに負荷がかかって壊れやすくなります。また、対象が脆いものだと壊してしまう恐れがあるので、事前に確認しておいた方が安心です。

使い終わったら必ず、中に溜まったものを出しておきます。これだけで寿命が長くなるので忘れないようにしましょう。まずは電源を切って、蛇口を閉めます。その状態でガンを握ると内部の圧力で水が出てきます。濡れないように注意しましょう。ノズルを振ったりしないで、圧力が抜ければ問題ありません。

蛇口からのホースと高圧ホースを抜いてから電源を入れて内部に残った分を完全に抜き出します。最後にガンに残った水を抜き取れば完了です。もし洗剤を使ったのなら、しっかりと泡がなくなるまで水を使って洗い流します。中に何かが残っていると内部の機構の劣化が進んで使えなくなる恐れがあります。しっかり手入れすることが重要です。