家庭用高圧洗浄機の使い方あれこれ パワーはどれくらいあればいいの?

家庭用高圧洗浄機は近年価格が落着き、かなりの手頃感が出てきました。愛車の手入れに余念がない方にとっては洗車のとき便利に使えるものとして、必携のアイテムになっていることも多いでしょう。車を洗うのにいちいち洗車機がある所に行くより、家庭用の高圧洗浄機で手入れをすれば、時間とお金を大きく節約することができます。

家庭用高圧洗浄機は他にもさまざまな使い方があり、よく知られているものは住宅の外壁などにこびりついた汚れや、長年にわたって張り付いてしまったコケなどの除去です。軽度のものは気持ちいいくらい汚れが落ち、まるで外壁を新設したのかと思うほど洗浄できますし、色も白くなりますから、住宅全体が見違えるほど明るい雰囲気になります。これは門扉周辺や玄関付近の石畳などについても言え、ブラシなどでこすらなくても楽に洗浄できるのです。

家庭用高圧洗浄機の他の使い方を挙げると、バスルームやトイレの掃除のときも便利です。バスルームは浴槽やタイルなどの壁の部分にカビが発生しますが、よほど頑固なカビでない限り、洗剤なしで除去・洗浄が可能です。もちろん水垢や浴槽内のヌメリの洗浄もでき、排水溝の奥の部分、トイレの水が溜まっているタンク内についても同様です。

さらに高圧洗浄機は窓ガラスなどのサッシの掃除・洗浄にも威力を発揮します。サッシはガラス部の汚れはもとより、スライドレール部が大変込み入っていて、掃除が大変な部分です。水はね防止のための養生が多少必要ですが、こちらも気持ちが良いほど汚れが除去でき、スライド動作がスムーズで、いつも快適な状態に保つことができます。そして網戸の網部分はあまり掃除しない部分ですが、高圧洗浄機から出てくる水を当てると、こんなに汚れていたのかとビックリするほどきれいに洗浄できるのです。

高圧洗浄機はいくつかのメーカーが数種類の機種を製造販売していますが、選ぶときは高圧で使用できるものを選択することが肝要です。常用圧力が7~9Mpa(メガパスカル)のものを選べば一般家庭で使用するには十分で、車・外壁・石畳の洗浄、あらゆるシーンでパワー不足を感じることは少ないでしょう。