高圧洗浄機の使い方のポイント

高圧洗浄機は、水道の蛇口をひねれば水が出てくるホースとは異なっており、使用前は正確にセットする必要があります。高圧洗浄機のホースと電源コードが届く範囲で使用しますので、水道の蛇口と電源の位置を確認しましょう。種類によっては、高圧洗浄機の中にため水ができるものもありますのでその際には電源の位置のみの確認をします。電源に電源コードを差し込む前に、まずは水道の蛇口にホースをつなぎ水を出して高圧洗浄機の引き金を引くと通常の水圧の水が出てきます。はじめは空気が入っていますので、ボコボコと音がしますが空気が抜けるとスムーズに水が出てくるでしょう。高圧洗浄機は、モーターポンプによって水を噴出していますので、電源プラグや本体に水がかかると故障してしまいますので使い方には注意が必要です。また、高圧洗浄機は汚れの状態や使用する場所に応じてノズルを使い分けることがポイントといわれています。ノズルによっては水流の威力や形状を変えることができますので、事前に確認しておくとスムーズに使うことができるでしょう。高圧洗浄機は、強い水流によって汚れを落としますので、汚れ以外のモルタルやペンキの箇所は剥げたり壊れることを防ぐために水圧を調節しながらお掃除することが大切です。高圧洗浄機を使用する前には、お掃除する箇所をあらかじめ濡らしておくと効果的で、場所に応じてノズルを使い分けることがポイントになります。洗剤を散布できる機能が付いている製品は、頑固な汚れに対して利用することがおすすめされています。基本的には、上から下に向かって水を当てて破損の原因になりますので、一ヶ所に集中的に当てないように気を付けましょう。特に、モルタルやペンキ塗りの構造物の場合は、剥げたり破損すると目立ってしまいますので注意が必要です。長時間片手で使うと手の握力が失われてしまい効率よくお掃除ができなくなりますので、できる限り利き手だけではなく反対側の手も使って使用できるようにすることも大切です。